リアルに電話エッチを楽しむためにするコツとは

電話エッチは、普段とは違うセックスや性の楽しみ方です。やはり、最初のうちは普段と違うというだけで興奮することも多いでしょう。その一方で、なれていないために、しどろもどろになったり、うまくいかなかったという失敗談もあります。リアルに電話エッチを楽しむためのコツを知っておくと良いでしょう。

■まずは、恥ずかしがらないこと

電話エッチでは、大抵は初めての相手とやります。そのときに思わず恥ずかしかったり、相手が引くかなと思ってしまうと、上手くいかなくなってしまいます。まずは、恥ずかしいといを気持ちは持たないようにしましょう。

■音をどんどん出そう

電話エッチをするときには、もうひとつ音を恥ずかしがらずに出すことが大切です。音1つで、盛り上がりも変わるのです。男性は視覚で盛り上がりますが、女性は聴覚、音でも盛り上がるのです。キスしたときのチュッチュッという音から、胸やあそこをなめられたときのクチャクチャ、ベチャベチャという音は効果的です。こうした音がさらなるセックスしているというイメージを駆り立ててくれるでしょう。
また、時にはローターなどの道具を使ってその音で雰囲気を出すのも効果的です。

■積極的に言葉に出すこと

普段のセックスならば、言葉が少なくても興奮するものです。しかし、電話エッチだと言葉が少ないとしらけてしまうこともあります。せっかくするのですから、積極的に最初から最後まで、言葉を出しましょう。普段言えないことも、出すとその分、興奮するものです。
そして、そうした言葉を出すときには、例えば、あそこがキレイだ、胸の形いいねなど実際には見えないことでも、褒めることに繋がることを出すとよいです。ライブチャットエッチの場合だと、見えるのでさらに褒めることが必要です。

■最後に

終わった後も、時間の許す限り、雑談して楽しかったことを伝えましょう。上手く行けば、連絡先を交換して個別にすることも可能です。終わった後もいい雰囲気を保つことが、リアルに電話エッチを楽しむコツの1つなのです。